ラベンダーを睡眠時に使ってみましょう

  • 2016.03.30 Wednesday
  • 09:23
JUGEMテーマ:生活雑貨

ラベンダーの香りを寝室に満たして良い睡眠を手に入れましょう。
しかし、なぜラベンダーが良い睡眠につながるのでしょうか。
それには、このラベンダーに含まれている酢酸リナリルという成分の働きが欠かせません。
ラベンダーの中の酢酸リナリルという成分は、鎮静効果というものがあり、身体や心をリラックスすることができます。
そのため、寝室にラベンダーの香りを満たすことで、リラックスした状態で睡眠することができるでしょう。
これには、自律神経を整えることなど、多くのメリットがありますので、ストレスの多い中で生活しているのであれば、ぜひラベンダーを睡眠時に使ってみるようにしましょう。

ラベンダー以外にも良い睡眠に使えるものがあるでしょうか。
例えば、バニラの香りや白檀の香りなども、同じような効果があると言われています。
ですから、自分の好みに合わせてセレクトしてみるのはどうでしょうか。
そうすることで、飽きることなく香りを楽しみ、良い睡眠を手に入れることができるでしょう。


ラベンダーと効果 | ラベンダーとその種類とは
ラベンダーは昔からよく使われてきたハーブの1種です。香りがとてもよい特徴を持っています。歴史は古く、古代ギリシャや古代ローマの頃から使われており、・・・・・・
 

マイナスイオンは水分子から造られるのか

  • 2016.03.30 Wednesday
  • 09:07
JUGEMテーマ:生活雑貨

マイナスイオンは水分子から発生されることが多いようです。
もちろん、分子や原子をなんらかの仕方でイオンかしてしまえば、どんな物質でもマイナスイオンを発生させることはできるでしょう。
その中でも水が使われるというのは、水分子がイオン化しやすいという理由があります。
滝が落ちる衝撃、シャワーが体や壁などにぶつかる時の衝撃などにより、容易にイオン化してマイナスイオンが発生すると言われています。
そのため、そのような場所にいることで、マイナスイオンを体中に浴びることができ、健康や美を保つことができるでしょう。
このようなメカニズムは、マイナスイオンを発生させる電気機器にも応用されているということからも、その容易さがわかるのではないでしょうか。

さらに、最近ではマイナスイオンの水というものも販売されているようです。
体の中に摂ることで、体の中からマイナスイオンの益を受けることができるということで、お手軽さもあって注目されています。


マイナスイオンとは | マイナスイオンと効果、利用
マイナスイオンとは空気中にある分子や原子がマイナスの電気を帯びている状態を指します。健康や美容によい効果を持っているマイナスイオンは、空気清浄機やドライヤーに応用されています。自然界では滝や森林に多く存在していると言われています。
 

クロロフィルを含んでいる食べ物リスト

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 09:12

クロロフィルを含んでいる食べ物を選び健康アップしていきましょう。
クロロフィルは、葉緑素とも呼ばれている成分ですから、学生時代に習ったとおり、緑色の植物に含まれていて、光合成の働きを担っているものです。
そのため、クロロフィルを含んでいる食べ物というのも、緑色の食べ物であるのです。
それはなんでしょうか。

緑色の野菜、特に緑色の色の濃い野菜である、ホウレンソウ、パセリ、小松菜、わかめ、海苔などが、クロロフィルを多く含む食べ物としてあげられています。
さらに、緑茶もいいですし、ケールにゴーヤといったものもクロロフィルが多い食べ物といえるでしょう。

しかし、これらの食べ物は、他の成分が多く含まれていたり、調理によってクロロフィルが失われやすいという特徴があります。
さらに葉物の野菜は、肥料成分が過剰に含まれてしまうということがあるため、極端に色の濃いものは逆効果ということもあるようです。
クロロフィルを上手に食べ物から摂るために、賢く選択していきましょう。


クロロフィルとその効果 | クロロフィルを摂取する
クロロフィルは植物が光合成を行う時に必要となる色素のことです。葉緑素とも呼ばれています。クロロフィルは植物だけでなく、人間の健康や美容にもプラスの効果を・・・・・・
 

えごま油は高血圧の対策食品となる

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 08:51

えごま油を摂って高血圧にならないようにしよう。
そのためのポイントとなるのは、えごま油に含まれている成分です。
実はえごま油にはα−リノレン酸という成分が含まれていて、その含有量は60パーセントを占めていると言われています。
だからこそ、このえごま油という食品を摂ることで、十分な量の有用成分の摂取を行うことができるのです。

では、このα−リノレン酸という成分と高血圧にはどんな関係性があるのでしょうか。
このα−リノレン酸という成分は、体の中に取り込まれると、血液中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにするという効果が認められています。
その結果として、血液の流れが良くなり高血圧という状態が改善されていくのです。
高血圧というのは血管への負担が大きいなど、身体へのリスクが大変高いものですから、えごま油を使った対策には大変意味があるといえるでしょう。
もちろん、悪玉コレステロールが増えないような食生活をするということも必要になるでしょう。


えごま油と食べ方 | えごま油と効能
えごま油はシソ科のえごまから抽出される油のことです。主成分はα‐リノレン酸というオメガ3脂肪酸で、これは必須脂肪酸に分類されています。必須脂肪酸とは体内で・・・・・・
 

目覚まし時計のスヌーズ機能は体に悪いのか

  • 2016.03.17 Thursday
  • 09:06

目覚まし時計のスヌーズ機能は体に悪いかもしれません。
こんなにも便利なスヌーズ機能が体に悪いということは信じられないかもしれませんが、実はある研究結果では、そのような結論になっているということです。
ですから、目覚まし時計のスヌーズ機能を使っていて、体の調子がいつも悪いという場合には、使わないという決断をしてみることも必要ではないでしょうか。

では、どのような理由でスヌーズ機能が悪者になるのでしょうか。
そこには、目覚まし時計によって起きるということと、睡眠のメカニズムが関係しています。
眠っているとき、目覚まし時計一回で起きるためには、ちょうどその時間でアラームを作動させれば十分でしょう。
しかし、スヌーズ機能を使っている方の多くは、その時間を早めに設定することが多く、スヌーズ機能の時間で起床に間に合うように設定しているのではないでしょうか。
これによって、無駄に睡眠時間のサイクルが狂い、少し早めに体は起きようとするため、それが体への疲労を増やすものとなるのです。


目覚まし時計と活用 | いろいろな目覚まし時計
目覚まし時計は色々なタイプのものが販売されているので、自分に合っているものを探しましょう。朝の目覚めを快適にするためにも目覚まし時計は大切です。デジタル表示の・・・・・・